切開法

二重まぶたのもう一つの方法として、切開法があります。切開法には全切開法と部分切開法があり、まぶたを切って(切開)行います。全切開法は2.5~3.0センチほどまぶたを切り、そしてくっつける手術法であり、部分切開法は1センチほど切って行います。体にメスを入れるため確実に二重になることが保証されており、埋没法のように元に戻るということはありません。ただし列記とした手術を行いますので、費用は当然かかりますし、腫れがとれ安定するまで時間がかかります。またメスを大きくいれる全切開法は傷跡が残ることがあります。切開法は元に戻らないという最大のメリットがありますが、これがデメリットになることもあります。それは完成した姿が気に入らないときです。

埋没法は糸でまぶたを調整しているため、糸を外せば元に戻りやりなおせますが、固定させる全切開法は元に戻せないのです。部分切開法は全切開法と埋没法の中間に位置しかなりお得だといえなくもないのですが、少ないですがそれぞれの特徴を持っています。

美容整形を受けるあなたの問題です。埋没法にするか切開法にするのかはそれぞれの特徴をふまえて、よく考え悔いのない方法を選択するようにしてください。不安な点や不明な箇所がある場合は、事前に無料でメール相談を受け付けしてくれる美容整形クリニックもありますので、相談してみると良いかもしれません。